アメリカン・エキスプレス

アメックスとは、「アメリカン・エキスプレス」の略称です。アメリカン・エキスプレスは、クレジットカードやトラベラーズチェックを発行するアメリカの会社で、それぞれの業種で世界ナンバーワンクラスの知名度を誇っています。ここでは、アメックスの歴史やステータス・歴代のキャツチコピーやCMに起用した俳優などを紹介していきます。

 

■アメックスの歴史

アメックスの歴史は何と、江戸時代まで遡ります。江戸時代末期に、ニューヨークで設立されました。そして、世界で最初の郵便為替業を開始しました。その後、トラベラーズチェックの発行も、世界で初めて行います。大正時代にはすでに旅行サービス部門を設立するなど、観光業においても世界の先駆けの企業の一つとなっていました。

 

日本に初めて進出したのは大正時代の初め、1917年です。その後、74年に初めて日本でトラベラーズチェックを発行、83年に初めてアメックスカードを発行と、日本でも着実に事業を拡大してきました。

 

■ステータス

アメックスカードのステータスは、その種類によっても異なります。アメックスカードと一口に言っても、グリーンからゴールドまで様々な種類があるのです。

 

一番基本となるものはグリーンで、これは年会費12600円から加入可能です。グリーンとはいえ、他のクレジットカードのゴールドレベルのステータス、サービスが付加されており、アメックスのレベルの高さを感じさせます。

 

これがゴールド、プラチナなどになると、さらに年会費が上がると共に、ステータスも上がっていきます。クレジットカードの中でも特にアメックスやダイナースなどのようなステータスの高いカードは「ステータスカード」と別区分の名前で呼ばれることも多いですが、まさにその呼び名に相応しいステータスと言えるでしょう。

 

■キャッチコピー

アメックスカードのキャッチコピーと言えば、「出かける時は忘れずに」というキャンペーンが、過去に世界中で展開されました。アメックスのCMで聞いたかどうかはともかく、この言葉は一度は聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。(元々日常的な言葉ですが、アメックスのフレーズによってさらに広まったものと思われます)

 

その他には、「心強いから、心地良い」があります。これも「こころづよい」と「ここちよい」の音が似ているため、韻を踏んでいるような効果があり、秀逸なフレーズです。

 

「その特別が日常になる。」というものも話題になりました。これはアメックスカードを持つことに限らず、ビジネスで成功して、カードなどのステータスが上がった人々は、必ず実感したことだと思います。

 

■CMに起用した俳優

アメックスはそのステータスの高さから、誰もが知っているハリウッドの大物俳優や映画監督などがCMに登場しています。一番有名な人物では、ロバート・デ・ニーロが挙げられるでしょう。元々アメリカでは彼のようにレベルの高い俳優はCMには出ないのが一般的ですが、それが起用されているあたり、いかにアメックスカードの信用度がアメリカで高いかが見て取れるでしょう。

 

また、俳優ではありませんが、故・尾崎豊氏のご子息の尾崎裕哉さんの歌声が流れる日本版のCMもありました。尾崎豊さんの歌声とそっくりということで、ファンの間でも大きな話題になりました。

 

一般の低所得者は

アメリカンエキスプレスのクレジットカードをお申込みされる方は、富裕層の方や商売をされている方が多いのでお金には困らないと思います。一般サラリーマンでも特に基本給が少ないや出来高制で個人の業績が悪いと給与もUPしません。

 

そんな中、翌月の給料から返済できるだけのお金をカードローンなどから借りてしのいでいる方もたくさんおられます。
返済できる充てのない方にはおすすめしませんが、翌月の給料内で返済できて、それで自分の欲しいものや、支払いができるならそれはそれで良いことだと思います。賢いお金の借りた方ではないでしょうか。

 

参考サイト:お金を借りる

メニュー